≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 2001 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
アップルシアター『ガラスの仮面』ヨルリン劇場(2001/1/11-2/21)
韓国語では『瑠璃仮面(ユリ カミョン)』となる『ガラスの仮面』。「エピソード I」の再演です。
ガラスの仮面 表 ガラスの仮面 裏
劇団木花公演『プンヂャンシル(扮装室)』(2001/2/8-3/25)
「劇団木花(モックァ)レパートリー・カンパニー」が清水邦夫の『楽屋』を、大学路のアルングヂ劇場において韓国語台本で上演。演出は劇団木花代表の呉泰錫(オ・テソク)。
PunJangSil_gif 原作:清水邦夫
演出:呉泰錫(木花代表)
劇場:ソウル大学路、アルングヂ劇場
韓国語による作品解説(パンフ裏面)を表示する
岸田理生カンパニー『ソラ ハヌル ランギット』(2001/2/2-4)
韓国との交流を続けている演出家岸田理生(1946〜2003)は“国境を越える演劇シリーズ”で『ソラ ハヌル ランギット』をこまばアゴラ劇場(東京)で上演した。作品にはLoo Kee Hong(シンガポール)と韓国から黄鐸河(ファン・タッカ)らが参加した。
langit langit_B
作演出:故・岸田理生
制作:岸田理生カンパニー
第3回アジア女性演劇会議 (2001/2/16-19)
第3回アジア女性演劇会議に韓国から演出家の韓泰淑(ハン・テスク)が参加した。
3rdAsiaJoseiKaigi.gif 実行委員長:如月小春
副委員長:岸田理生
事務局長:花光潤子
主催:第3回アジア女性演劇会議実行委員会
劇団風のこ九州『子供たち、遊ぼう』(2001/02/17-28)
「劇団風の子 九州」がソウルの芸術の殿堂小劇場にて『子供たち、遊ぼう』を上演した。
Kazenoko_Seoul 主催:芸術の殿堂
劇団:風の子 九州
演出:中島ケン
会場:芸術の殿堂自由小劇場
チラシの裏面を表示
劇団美醜・劇団昴共同制作公演『火計り』(2001/3/9-25)
韓国の 「劇団美醜(ミチュウ)」 と日本の 「劇団昴(すばる)」 との共同制作による作品『火計り』を三百人劇場(東京)で上演した。関西公演は3月27日にピッコロシアター(尼崎)にて開催。
hibakali.gif hibakari_B
作:品川能正
演出:ソン・ヂンチェク/村田元史
主催:現代演劇協会
第5回水原華城(スウォン・ファソン)国際演劇祭(2001/6/1-10)
今年で5回目の水原華城国際演劇祭に、日本から「ク・ナウカ」が『メディア』で参加した。今回の水原演劇祭は会場を市内数箇所に分散して行われ、ク・ナウカは再建中の華城行宮(ファソンヘングン)という宮殿の一部を舞台として使用し、6月の7日と8日の2回公演を行った。 (韓国語パンフレット162kB/JPEGを表示)
2001SuwonIntlTFes 主催:財団法人華城(ファソン)文化財団
主管:水原華城国際演劇祭執行委員会
後援:文化観光部・京畿道・水原市その他

mikari_medea 『メディア』ク・ナウカ
構成・演出:宮城聡
雑誌「韓国演劇」の劇評
(写真はリーフレットから転載)
プーク人形劇場誕生30周年記念特別企画・沈雨晟『死者の結婚式』(2001/8/5〜10)
プーク人形劇場が「おとなのための人形芝居二題」として韓国から沈雨晟の『死者の結婚式』を招請。日本側作品は劇団鳥獣戯画の『はちかつぎ姫異聞』。 沈雨晟『死者の結婚式』
アジア演劇祭in関西(2001/8/27-9/5)
アジア演劇祭in関西実行委員会による第二回目の演劇祭が大阪・神戸で開催された。韓国からは劇団「美学(ミハク)」が『アビ(親父)』で参加。また、付帯事業の「演劇会議」には金正ト(キム・ヂョンオク)韓国文化芸術振興院院長をはじめ、劇団美学の演出家や俳優などが参加した。
主催:アジア演劇祭in関西実行委員会
『火計り』ソウル公演(2001/8/31-9/2)
「劇団美醜」と「劇団昴」の共同制作による作品『火計り』が本年3月の東京公演に引き続き、ソウルの 東崇アートセンター ホール大で上演された。
hibakari 『火計り -400年の肖像-』 作:品川能正 / 演出:ソン・ヂンチェク、村田元史
制作:劇団美醜&劇団昴
会場:東崇アートセンター・大ホール
第8回ベセト演劇祭『旅立つ家族』東京公演(2001/9/01-2)
94年秋にソウルから始まった中・韓・日の3国による芸術祭「ベセト演劇祭」の第8回フェスティバルが東京で開催された。韓国からは世宗文化会館に本拠地を置く「ソウル市劇団」(代表:李泰柱)が来日し、金義卿(キム・ウィギョン)作『旅立つ家族』を奇國敍(キ・グクソ:劇団76主宰)の演出で、富山県の新利賀山房と東京の第二国立劇場で上演した。また、「劇団サヌリム」(代表:林英雄)が静岡芸術劇場で『ゴドーを待ちながら』(林英雄演出)を上演した。
8thBeseto_Ko 韓国公演時(世宗文化会館小劇場)のプログラム表紙

これらの作品上演のほかに付帯事業として、呂石基(ヨ・ソッキ)によるレクチャー『韓国演劇の現在』、柳敏榮(ユ・ミニョン:壇国大学教授)と金文煥(キム・ムナン:ソウル大学教授)などの参加によるシンポジウムなどが開催された。
8th_Beseto
青年劇場第79回公演『カムサハムニダ』(2001/9/13-9/29)
「劇団青年劇場」が韓国の演出家で「劇団サヌリム」の代表である林英雄(イム・ヨンウン)を招き、飯尾憲士『ソウルの位牌』を脚色した『カムサハムニダ』を上演した。(国際交流基金ウェブサイトの公演評もどうぞ←なくなりました)
Kamsahamunida 原作:飯尾憲士『ソウルの位牌』/ 脚本:瓜生正美/ 演出:林英雄
会場:新宿紀伊國屋ホール(9/13-23)他
チラシ裏面を表示(162KB/JPG)
劇団東崇舞台『夢幻曲』Allice Festival 2001(2001/9/15-16)
恒例のアリスフェスティバルに韓国から「劇団東崇舞台(トンスンアートセンター)」が『夢幻曲(モンファンゴク)』で参加した。ことろで、この劇団東崇舞台(トンスンアートセンター)とソウルの大学路にある映画館&大・小劇場を擁する東崇(トンスン)アートセンターとは直接の関係は無いとのことです。
2001 Allice Festival 会場:タイニイアリス
道化座『幸福II-家族』(2001/9/27-30)
神戸の「劇団道化座」が文芸会館小劇場において『幸福II-家族』で2回目のソウル公演を行った。文芸会館主催の海外優秀作品招請企画公演シリーズ3回目にあたり、道化座としては昨年の『幸福』に続いて2回目のソウル公演となる。
Doukeza_Kouhuku II 『幸福 II -家族-』
作:渡辺つる/ 演出:須永克彦
主催:韓国文化芸術振興院文芸会館/劇団道化座
『第6回公州アジア一人劇祭』(2001/10/5-7)
6回目のアジア一人劇際を公州(コンヂュ)の民俗劇博物館(館長:沈雨晟)で開催。日本から「プーク人形劇団」の川尻恵美子が『三匹のこぶた』で、井沢白蛇は『バナナ汽車』、興梠直人は『三番叟』で参加した。
Asia Monodrama Fes. 2001
第3回フィジカルシアター・フェスティバル(2001/10/31-11/4)
「(江古田)ストアハウス」の主宰する“フィジカルシアター・フェスティバル”に韓国から「劇団旅行者(ヨヘンヂャ)」が『簡易駅』で参加。
011031 ekodaSH 3rd PTF
コムンゴ会主催『アイゴ、アイゴ』上演(2001/11/9-18)
日本の「コムンゴ会」が主催する演劇『アイゴ、アイゴ』が成均館大学600周年記念館新千年ホールで上演された。この作品は村田喜代子の『龍秘御天歌』を脚色したもの。
aigo aigo_Seoul 原作:『龍秘御天歌』村田喜代子
脚色:大森しげる
主催:コムンゴ会
後援:在ソウル日本大使館広報文化院
『地下鉄1号線』東京公演(2001/11/15〜18)
金民基(キム・ミンギ)率いる「劇団ハクチョン」の大ヒット作『地下鉄1号線』の東京公演。シアターコクーンでの上演を控え、ソウルのLGアートセンターで公演を行い大劇場用にアレンジしたとか。その成果はいかがだったでしょうか?
作・演出:金民基/ 原作:フォルカー・ルードヴィッヒ
主催:国際交流基金アジアセンター
会場:シアターコクーン
゙廣華(チョウ・ガンファ)の作品『華蛇が私の足にまとわりついて』を「劇団76(チリュク)」の若手演出家朴根亨(パク・クニョン)の演出によって上演。出演は「シアター・アンネフォール」の俳優陣。
゙廣華作・朴根亨演出
主催:シアター・アンネフォール
場所:常圓寺・祖師堂(2000年11月20日から25日)
<2001年の演劇交流で手許に資料のないもの>
以下は雑誌記事などで紹介されたものの、岡本の手許にチラシやリーフレットなど資料の無いものです。
○『ああ、堤岩里』昨年、東京の韓国YMCAで初演なったものをソウルで上演したという新聞記事を入手。
○『孫悟空』公演(3/23-24)。中韓日の合作として、ソウルは芸術の殿堂オペラハウスで上演された。
○劇団ミヨンが井上ひさしの『頭痛肩こり樋口一葉』を翻訳した『月は美しくもあれ』(文芸会館小劇場)を上演。
○釜山演劇祭に「少年王者館」が参加。
 ≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 2001 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
© 岡本昌己(SPAM対策:*を@に置き換えてください)