≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 1992 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
劇団木花「父子有親」前橋芸術祭'92(公演日時未詳)
呉泰錫率いる劇団木花レパートリーカンパニーが「前橋芸術祭 92」(4/25〜5/5)に『父子有親』で参加した。この作品は1987年に「ソウル演劇祭」で大賞をとった作品。
演劇人国際交流'92「日韓演出家会議」(1992/06/19~11)
日本演出者協会の主催で日韓の演劇人によるシンポジウムとワークショップが東京・池袋の東京芸術劇場で開催された。韓国からは韓国演劇協会理事長の林英雄(イム・ヨンウン)と演劇評論家の金文煥(キム・ムナン)、演戯團コリペ代表の李潤澤、劇団美醜代表のソン・ヂンチェク、劇団木花代表の呉泰錫らが参加した。ワークショップには劇団美醜(ミチュ)『ノルブ伝』(ソン・ヂンチェク作・演出)と劇団木花『トラヂ』(呉泰錫作・演出)を上演。
日韓演出家会議チラシ 日韓演出家会議チラシ裏面 日韓演出家会議チラシ内面
国立唱劇団公演『沈清伝』公演(1992/6/29-30, 7/4)
韓国の国立唱劇団による唱劇公演が東京と大阪で行われた。
pansori1992 演出:許圭(ホ・ギュ)
振り付け:李梅芳(イ・メバン) 歌唱指導:金素姫(キム・ソヒ)
会場:渋谷NHKホール(1992/6/29-30)/大阪厚生年金会館(1992/7/04)
Year of ears 92/93
音楽家千野秀一の企画公演「Year of ears 92/93」の第3回目をソウル、梨花大学前の「ナンヂャン(乱場?)」(旧「神仙劇場」)で開催。日本から劇団DA・Mの大橋宏と佐木美奈子が『遠響楽第一番』で参加した。
yoe92
韓国の演戯團コリペの演出家である李潤澤が岸田理生の新作を演出した作品。詳細はチラシの圧縮画像(232KB/JPG)を参照のこと。
saigetsu 東京公演:タイニイアリス(9/15-20)
新潟公演:天壽園満寿鏡館(9/23)
大阪公演:扇町ミュージアムスクエア(9/29-30)
北東京「実験」演劇祭
日韓仏合作の形式で沈哲鍾(シム・チョルヂョン)が一人劇『沈哲鍾氏の象男』(キム・チェスク脚色、沈哲鍾演出)を上演(1992/10/09-11)。北東京実験演劇祭は(財)北区文化振興財団の主催で、田端にある劇場「ディプラッツ」で開催された。
trans zou.jpg
劇団「中央舞台」(韓国)が『道』(キム・サンヨル作、パク・ピョンド演出)でアリス・フェスティバルに参加(7/23〜26)
第4回「全国小劇場演劇祭」(10/9〜16)
第14回「馬山芸術祭」の一環として第4回「全国小劇場演劇祭」を開催。日本から劇団すがおと劇団FREEが『熊』で参加(1992/11/3-8 & 11/11-15)。
劇団「舞天(ムチョン)」 『隠れた水』渋谷ジアンジアン(10/30-11/3)
劇団「舞天」が「アジア女性会議'92」の一環として、渋谷のジアンジアンで鄭福根(チョン・ボックン)作『隠れた水』を金亜羅(キム・アラ)の演出で上演。役者陣は韓国を代表する俳優申九(シン・グ)をはじめ、金詩羅作『プンバ』の初代プンバ役で有名な丁奎秀(チョン・ギュウス)などが出演。舞台美術は現在「韓国舞台美術家協会会長」を務める朴東裕(パク・トンウ)が担当した。
「隠れた水」チラシ 「隠れた水」裏
TAO同時代劇作家シリーズ『火の仮面』東京公演(1992/11/3-8 & 11/11-15)
演戯團コリペの代表李潤澤(イ・ユンテク)と日本の劇団TAO(タオ)の共同作業で、「TAO同時代劇作家シリーズ」の二作目として『火の仮面』東京公演を行った。1992年の11月3日から8日までを東向島の住友ベークライト工場跡地で、11日から15日までは中野スタジオアクトレに場所を変えて公演を行ない、この舞台に演戯團コリペの女優嚢美香(ペェ・ミヒャン)が出演した。
「火の仮面」パンフレット 「火の仮面」パンフレット裏
 ≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 1992 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
© 岡本昌己(SPAM対策:*を@に置き換えてください)