≪ 〜'79 1980 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
1980年
「韓国演劇」記事 1980年5月号 劇界動静「方泰守氏の消息」
海外研修のために出国した劇団エヂョト代表の方泰守氏が演劇協会に消息を伝えてきた。
日本の東京に15日間留まって、日本の若い演劇人と会い、伝統演劇に関する見聞を広くしたほか、現在は米国のニューヨークで慌ただしく日程を送っているという。<後略>(p121)
*方泰守(パン・テス、1940〜)はこのときの日本訪問で曲馬館や黒テント、転形劇場などを訪問した。方泰守は咸境南道北青生まれで、1965年ドラマセンター演劇アカデミーを卒業し、1967年に劇団「エヂョト」を創団。
「韓国演劇」記事 1980年10月号 劇界動静「『草墳』東京公演」
「72年にドラマセンターで初演された『草墳(チョブン)』が74年6月のニューヨーク公演に続いて今年の11月11日から18日、東京の池袋・文芸座ルピリエ小劇場で上演されることになった。在日同胞演劇人と日本演劇人が参与することになる今回の公演の演出は劇作家・呉泰錫氏が招請されて演出として参与することになる。」(1980/10,p132)
呉泰錫『草墳』東京公演(1980/11/11〜18)池袋・文芸座ルピリエ
韓国の劇作家・演出家である呉泰錫(オ・テソク、1940〜)の『草墳(チョブン)』を池袋・文芸座ルピリエで上演。呉泰錫は現在劇団木花(創団は1984年)を主宰する劇作家であり演出家。日本語に翻訳された自身の作品『草墳(チョブン)』を在日韓国演劇上演会と国際青年演劇センター(KSEC)の日本人および在日僑胞の俳優との共同作業で上演した。日本側新聞記事には1980年11月22日付朝日新聞「驚くべき表現の豊かさ/注目される韓国現代劇」、同年11月29日付読売新聞「気迫こもる草墳(11月の新劇)」がある。なお、『草墳』日本公演のいきさつに関しては毎日新聞「アングル80/日本の若者も協力、韓国現代劇」に詳しい。『草墳』の日本公演は韓国でも比較的大きく扱われた。東亜日報「日でお目見えする演劇、草墳/日、俳優6名すでに来韓練習中/演出は作家呉泰錫氏が直接任されることに」と、京郷新聞「東京舞台リハーサル “草墳”/日、出演陣6名来韓…韓国的ムードに慣れる」。これらはいずれも韓国でのリハーサルのようすを伝えている。
OTaeSeok呉泰錫(KSECの資料から)

雑誌「韓国演劇」1981年1月号に掲載された呉泰錫の演出ノート
1 韓国演劇の記事1 2 韓国演劇の記事2 3 韓国演劇の記事3

新聞掲載の関連記事
『草墳』公演、私はこう観た/抜群のシチュエーション/土俗につき近代超える指向(統一日報、1980年11月21日)
「韓国演劇」記事 1980年11月号 劇界動静「韓国を中心としたアジア6カ国の活発な演劇交流の足場が整う」
劇団エヂョトの代表である方泰守氏の努力によって来年の5月から6月のあいだにソウルで第1次アジアの若い演劇人セミナーを開催する計画であるという。
海外研修の帰国の途に東南アジア地域の実験演劇人と会って交流を提議した結果、5カ国から合議を受けることになった。
日本の黒テント・演劇団・曲馬団・転形劇場、自由中国のウンムン劇団、インドのNSDレパートリー、フィリピンのCCP劇団、インドネシアのヒタム・ムプティ劇団などが参加範囲であり、これらはセミナーに続いてパントマイムやモノドラマなど、小規模の公演も行う予定であり、このようなことから面白みのある「実験演劇祭」となる展望だ。
これ以外に明らかにされた事業として、6カ国の実験演劇界の消息を集めたニュースレター式の会員誌も持ち回りで出すことにしたというが、その最初の国は韓国である。(p136)
 ≪ 〜'79 1980 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
© 岡本昌己(SPAM対策:*を@に置き換えてください)