≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 1986 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11
*下は1986年6月の公演案内紙(第一面)。当時は劇団「サヌリム」が4月に上演して好評を得た『危機の女』(サヌリム小劇場、6/1〜20)を再演し、劇団「演友舞台」も『チルスとマンス』を文芸会館小劇場(5/14〜5/26)から新村の演友小劇場に場所を移して再演(6/4〜30)した時期。
1986年6月の公演案内
ソウルで開催されたアジアゲームの文化祝典に、日本の劇団SCOTが『トロイアの女』(鈴木忠志/演出)を招請公演。
「発見の会」ソウル公演(1986/07/11-15)
発見の会が韓国の民藝劇場の招請で、近松門左衛門の『堀川波鼓(ほりかわなみのつづみ)』をソウルで上演。脚色と演出は佐々木守で、演出は発見の会の代表である瓜生良介。劇場はソウルの大学路にあるパタンゴル小劇場を使用。
9KB/GIF
「アジア・フェスティバル・イン・オキナワ」(11/10〜30)
沖縄ジャン・ジャンの「アジア・フェスティバル・イン・オキナワ」に韓国の劇団「自由(チャユ)」が『名もない花は風に散る』(11/13〜15)で参加した。また、沖縄のフェスティバルに連動して東京・渋谷のジャン・ジャンでも「アジア・イン・ジャン」(11/10〜17)が開催され、劇団「自由」が同作品を上演した(11/11)。なお、京都ルネサンスホールでも上演(11/17)。
jayu1986 プログラム表紙
jayu1986 読売新聞1986年11月6日「中国と韓国の芝居、同じ土俵で/アジア・フェスティバル・イン・オキナワ」
<1986年の演劇交流で手許に資料の無いもの>
●劇団「たけのこ」がクリスタル文化センター(新村クリスタル百貨店)で『ねずみのすもう』を上演(2/15〜18)
●劇団「ひとみ座」がパタンゴル小劇場で『遠野物語』を上演(9/15〜17)。
●韓国の「ソウル人形劇会」が香川県で公演(日時未詳)。(毎日経済新聞1986年10月7日付記事から)
●韓国の劇団「ハンセム」が「発見の会」の招請で東京をはじめ4〜5都市を巡回公演(11月末)。作品は『ホランイ ハンマダン』。(毎日経済新聞1986年10月7日付記事から)
●韓国の劇団「影(ヨン)」が日本の児童劇団の招請で日本7ケ都市を巡回公演(12/1〜28)。出し物は影絵芝居。(毎日経済新聞1986年10月7日付記事から)
 ≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 1986 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 '98 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11
© 岡本昌己(SPAM対策:*を@に置き換えてください)