≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 1998 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
東南アジア演劇研究研修セミナー(1998/1/27~2/1)
日本演出者協会の主催による『東南アジア演劇研究研修セミナー』が東京で開催された。このセミナーはアジア10ヶ国の演劇演出家・劇作家が戦争をテーマに時代を語るという企画だった。韓国からはオブザーバーとして林英雄(イム・ヨンウン)の名が上がっている。
Asian Theatre Meeting Asian Theatre Meeting side B
第10回居昌国際演劇祭(1998/8/1-15)
日本からJidai Theatre Companyが『Snow White』で参加した。
Keochang98_panf
第5回ベセト演劇祭
第5回を東京で開催。韓国のティディムドル舞踊団が『明星皇后』(孫ヂンチェク演出)で参加した。
マルセ太郎『泥の河』文芸会館小劇場(10/1〜4)
韓国の劇団「伝説(チョンソル)」がマルセ太郎の一人劇『泥の河』をソウル国際演劇祭に招請、公演を行った。関連記事は京郷新聞「65年ぶりの帰郷‘血と涙’の舞台/在日僑胞演劇人キム・ギュンボン氏‘最後の願い’かなった」(9/11)と東亜日報「“一人三役”スクリーンの無い映画で日本演劇界に新分野開拓/ソウル国際演劇祭参加、在日僑胞俳優マルセ太郎」(10/2)。
『第3回公州アジア一人劇祭』(1998/09/04-06)
3回目のアジア一人劇祭を公州民俗劇博物館で開催。日本から高圭美が『相思花』で、宮原太刀夫が『サル』で参加した。
Asia Monodrama Fes. 1998
劇団舞天『人間リア』
劇団舞天(ムチョン)の代表であり演出家の金亜羅が岸田理生の『人間リア』を演出し、韓国で上演した。
MuCeong_JukSan_Kishida.jpg 主催:劇団舞天(ムチョン)
作:岸田理生 / 演出:金亜羅(キム・アラ)
公演場所:京畿道安城郡竹山面
写真:© LEE Sang-cheol
劇団キルラチャビ『パプ』クラブチッタ川崎(12/5)
韓国の劇団「キルラチャビ」が川崎市で開催された「世界人権宣言50周年記念川崎市文化事業/いのちの響き アートの祝祭」で『パプ』(金芝河作、林賑澤演出)を上演した。
林賑澤創作パンソリ『五賊』
チョン・ウォルソンと新宿梁山泊(日本)が東京のイイノホールで『五賊』(作/金芝河、演出/金守珍)を上演。
五賊
劇団城(ソン) 『正祖大王』(1998/11/20-24)
第2回目の“Asia Meets Asia”が開催され、韓国からは昨年に引き続き水原に本拠を置く「劇団城(ソン)」が『正祖大王』を江古田ストアハウスで上演。
AsiaMeetsAsia98.jpg
 ≪ 〜'79 '80 '81 '82 '83 '84 '85 '86 '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 '96 '97 1998 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07 '08 '09 '10 '11 '12
© 岡本昌己(SPAM対策:*を@に置き換えてください)